速読術とは

速読術とは

速読術(そくどくじゅつ)とは、本や資料などに書かれた文章を速く読むための技術のことを言います。
速読法と呼ばれることもありますが、効率的に大量の文章を読むために考え出された技術であることにかわりはありません。
速読術は、受験生や現代ビジネスマンにとって、勉強や仕事を効率的に進めるために非常に有用で、是非身につけたいスキルだと言えます。


あなたは、本や資料を普通の人よりはるかに速いスピードで読むことができる人に出会ったことはありませんか?


普通なら読むのに1時間以上かかるような本でも、ほんの5〜6分で読んでしまう。
分厚い参考書や、大量の企画書なども、とても読んでいるとは思えないようなスピードでページをめくり、驚くほどの速さで読み切ってしまう。


速読術がテレビや雑誌などで取り上げられたのをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
ちょっと前にテレビで放映された「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」というドラマでは、菅野美穂さん演じる主人公の「春瀬キイナ」が、捜査の中で数秒で捜査資料に目を通したり、様々な大量の本をものすごい速さで読んでいました。
彼女が速読術をトレーニングによってマスターしたのかどうかはわかりません。おそらく生まれ持った才能であるような気がします。

しかし、速読術を身につければ、ああいうふうに信じられないほどのスピードで本を読むことは不可能ではないのです。
そして、そういうふうに本や資料をものすごいスピードで読むための速読術や速読法を、トレーニングによってマスターしている人が存在するのです。


あなたは、そんな速読術を身につけたいと思いませんか?


<速読術をマスターするには・・・>
Sponsored Link
Sponsored Link

数多くある速読術の中から、私がおすすめするのは、川村明宏氏の「ジニアス速読術」です。


川村明宏氏は、新日本速読研究会という団体で会長を務め、長年、速読術の研究開発に携わってこられた、速読術の元祖のような方です。
川村先生の名前は、任天堂DSのソフトや記憶術などで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


「ジニアス速読術」は、その川村明宏氏によって考案、開発された速読術ですので、安心して取り組める速読術です。


「ジニアス速読術」の詳細はこちらから→


速読術の効果を体験しよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。