速読術に求められること?

速読術に求められること?

速読術・速読法をマスターすれば、本や資料を普通の人の何倍もの速さで読むことができるようになり、勉強や仕事の効率が飛躍的に上がるのはわかります。
ですが・・・

そんなずばらしい速読術というスキルを簡単にマスターすることなんてできるのでしょうか・・・。
誰でも簡単に身につけられるスキルなら、受験生やビジネスマンの多くの人が速読術や速読法を駆使して、勉強や仕事をしているはずです。


それに、本や書類を速く読めても、その内容を正確に理解できなければ意味がないのではないでしょうか。
どんなに速く読めるようになっても、読んだ内容をきっちり把握できないなら、本を速く読む理由がありませんし、内容が理解できてこそ速読術をマスターする意味があるはずです。


調べてみると、実は、世間に出回っている速読法を試した多くの人たちが

「内容が難しく理解できない・・・」
「速読を身につけるのに時間がかかりすぎて続かない・・・」
「本を速く読めたとしても理解できていない・・・」

こんな悩みを抱えているのです。


いままでの速読法はトレーニング内容が難しく、練習に時間のかかるものばかり。
これでは、速読術をマスターするまで続くはずがありませんし、速読を諦めてしまいますよね。
しかも、読むスピードが速くなったとしても「理解力が落ちた」という方がほとんど。
どんなに速く読めるようになっても、読んだ内容を理解できなければ全く意味がありませんよね。


<ホンモノの速読術とは?>
Sponsored Link
Sponsored Link

数多くある速読術の中から、私がおすすめするのは、川村明宏氏の「ジニアス速読術」です。


川村明宏氏は、新日本速読研究会という団体で会長を務め、長年、速読術の研究開発に携わってこられた、速読術の元祖のような方です。
川村先生の名前は、任天堂DSのソフトや記憶術などで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


「ジニアス速読術」は、その川村明宏氏によって考案、開発された速読術ですので、安心して取り組める速読術です。


「ジニアス速読術」の詳細はこちらから→


速読術の効果を体験しよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。