速読術のトレーニング

速読術のトレーニング

速読術をマスターするためのトレーニングにはいろいろな方法があります。

それは、一言に速読術と言っても、その速読の方法が違うからです。


速読の方法には、文字をブロック、固まりとして把握する方法や画像のようにとらえる方法などいろんな方法があります。

それぞれの速読方法を身につけるためには、それに適したトレーニングをする必要があります。

しかし、そのトレーニングが効果的なものでなければ、速読術を身につけるのに時間がかかりすぎ、その結果、速読術をマスターする前にあきらめてしまうということにもなりかねません。


速読術の教室や講座に通ったり、速読法のテキストを購入したりして、速読術を身につけようとしながらも、マスターするのに時間がかかりすぎてやめてしまったという人が多いのは、このトレーニングが適切なものでなかったことが原因のひとつだと思います。

速読の技術が身に付いてきていることが実感できるような練習方法なら、トレーニングを苦痛に思うことがないのはもちろん、速読術をマスターする時間も短縮されるはずです。


短時間で、効率的に速読術を身につけたいと考えてるなら、実績のある速読術を選ぶことが重要でしょう

<速読術のトレーニング法とは>→
Sponsored Link
Sponsored Link

数多くある速読術の中から、私がおすすめするのは、川村明宏氏の「ジニアス速読術」です。


川村明宏氏は、新日本速読研究会という団体で会長を務め、長年、速読術の研究開発に携わってこられた、速読術の元祖のような方です。
川村先生の名前は、任天堂DSのソフトや記憶術などで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


「ジニアス速読術」は、その川村明宏氏によって考案、開発された速読術ですので、安心して取り組める速読術です。


「ジニアス速読術」の詳細はこちらから→


速読術の効果を体験しよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。