速読術の効果

速読術の効果

私が本や資料を速く読むための速読術を身につけたいと考えたのは、なんとか仕事の効率をあげたいと考えたからです。
仕事上、大量の資料や本を短時間で読み、内容を把握し、それらをもとにした資料を作り上げなければならないのに、全部を読む時間がないこともしばしばでした。
しかし、仕事は待ってくれませんから、適当に読んだだけで資料を作るのですが、中途半端な仕事だと自覚しているだけに、その不安とプレッシャーに押しつぶされそうでした。

それで、なんとか資料を読む時間を短縮したいと考えたんです。

さて、私がマスターした速読術の効果についてお話ししたいと思います。
仕事ですからただ速く読めればいいわけではありません。内容を把握しながら読む必要があります。

私は、速読術をマスターし、500ページ程度の本なら30分もあれば内容を把握しながら楽々読めるようになりました。
速読術の効果として、この「内容を把握しながら」というのがポイントになると思います。
そのおかげで、仕事の効率が格段に上がったことが、最大の効果だと考えています。

速読術の具体的効果について続きを読む>>
Sponsored Link
Sponsored Link

数多くある速読術の中から、私がおすすめするのは、川村明宏氏の「ジニアス速読術」です。


川村明宏氏は、新日本速読研究会という団体で会長を務め、長年、速読術の研究開発に携わってこられた、速読術の元祖のような方です。
川村先生の名前は、任天堂DSのソフトや記憶術などで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


「ジニアス速読術」は、その川村明宏氏によって考案、開発された速読術ですので、安心して取り組める速読術です。


「ジニアス速読術」の詳細はこちらから→


速読術の効果を体験しよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。